お通夜

タイムスケジュール例
一般的な仏式で執り行うお通夜の流れになります。お通夜も時代とともに変化し、地域の習慣や葬儀の規模、また宗教によっても大きく変わる場合がありますので、あくまでも目安としてお考え下さい。

18:00-19:00 のお通夜の例

17:30 僧侶到着
僧侶控室に案内し、茶菓子でもてなします
喪主は挨拶にうかがいます

17:30 受付開始 式開式30分前

17:50 一同着席
遺族、親族、参列者が所定 の席へ着席する


(通夜)

18:00 開式
導師(僧侶)入場、祭壇の前に座ります
導師入場の時に参列者は黙礼をします

18:03 開式の辞
司会もしくは葬儀担当者から通夜の開式の言葉があります

18:05 僧侶読経
お経が始まり、僧侶退席までお経は続きます
30分~40分程ですが、お経の時間の長さは、宗派や僧侶の方によって異なります。

18:15 焼香
僧侶又は葬儀担当者から焼香の案内があります
喪主→遺族→親族→一般参列者の順番で焼香をします

18:40 僧侶退席
退席の時には合掌します

18:55 閉式の辞
司会もしくは葬儀担当者から閉式の言葉があり、式を終えます

19:00 通夜ぶるまい
食事や酒をふるまう

20:00
  |
21:00 通夜ぶるまい終了
通常一時間か二時間で通夜ぶるまいを終えます

終日 夜伽(よとぎ)
線香の火をたやすことなく伽(とぎ)をします
最近は、斎場でお通夜を行い、その会場の都合もあるかもしれませんが泊まらず一度お帰りになる方も増えてきました

以上が簡単なお通夜の流れになります。上記は、あくまでも目安になります。実際には、その時々で葬儀社さんの方から説明、案内がありますので、ご参考にしてみてください。